歴史好きが訪れるべきスポット~九州編~

九州と言えば、まず福岡の「大宰府跡」でしょうか。菅原道真ゆかりの神社とされている太宰府天満宮は、今でも「学問の神様」として有名で受験者の参拝客が非常に多い土地です。菅原道真もかなり多くの説話がある人物のため、調べてみると面白いかもしれません。雷が鳴った時の「くわばらくわばら」という口上も、道真が由来と言われています。

また、佐賀県には弥生時代の遺跡として吉野ケ里遺跡があることで有名です。現在は公園として開放されており、資料などの見学も可能なので、この時代が好きな人は絶対に行ってみるのをお勧めします。同様に長崎県にも、弥生時代の遺跡として「原の辻遺跡」というものが残されています。佐賀まで足を伸ばしたついでに、弥生時代文化巡りというのもいいかもしれませんよね。

熊本県の熊本城も多くの意味で有名になりました。震災後の復旧が現在進められており、その歴史を目の当たりにするという意味でも、復旧作業中の熊本城を見るのも歴史オタクとしてお勧めと言えそうです。もちろんその際は、震災の被害に遭われた熊本を応援する気持ちで、熊本でおいしいものを飲んだり食べたり、お土産をたくさん買ったりということもしたいですよね。

宮崎県にある「西都原古墳群」や、大分県に残る「鬼塚古墳」などもお勧めスポットと言えます。歴史と言えば戦国時代や江戸時代を思い出してしまうかもしれませんが、それより古い時代の歴史好きには、多くの遺跡が残る九州はまさに魅力の詰まった県ばかりなので、長期休暇を利用してがっつり巡るというのも贅沢でいいですね。

そして最後に鹿児島ですが、鹿児島と言えば薩摩藩として江戸時代末期にその名をとどろかせたことで有名です。鹿児島にはまだ実際に出向くことができていないため、逆に「ここがいいよ」とかお勧めスポットがあったら教えてもらえると嬉しいです。個人的には寺社巡りも好きなので、霧島神宮には一度行ってみたいですし、屋久島の屋久杉も死ぬまでに一度は見たいものリストのトップの方に書いています。